お団子の方法

お団子を作るには、下準備が大切
綺麗なお団子はやっぱり憧れです。それに、ファッションの幅も広がります。例えば、好みで髪を長くしている方もいますよね。

しかし、ストールやマフラーを使うと若干もっさりした雰囲気になってしまうこともあります。そんな時、お団子で綺麗にまとめておけば見た目もスッキリ。全体的にスレンダーに見えるという嬉しい効果もあるのです。

しかし、お団子って最初はなかなかうまくできません。私もそうで、うまく出来たと思ったのに後ろから見ると短い毛がかなり飛び出してしまったり。

そこで、下準備を丁寧にするようにしたら綺麗に作れるようになりました。仕上がりの美しさはもちろんですが、工程においても簡単になるので下準備をしっかり行いましょう。

綺麗なポニーテールを作る
お団子の基本はポニーテールです。まとめ髪をする際には、ワックスやヘアクリームなどを使いましょう。

髪全体にもみこむように付けると、しっかり付きます。これをやっておかないとまとめるのが難しくなってしまいます。また、短い毛が出やすくなってしまうのです。

ポニーテールを作る際には、髪を上下に分けます。まずはトップ部分から、ハーフアップを作るような感じでまとめましょう。それが出来たら、今度は余った髪をまとめて、トップ部分と一緒に結びます。

そのままだと、サイド部分の分け目が目立ってしまいます。そこでコームでうまくなじませましょう。短い毛が出てしまった場合には、ワックスなどで軽く毛の流れを整えてあげると仕上がりが綺麗になります。

丁寧にお団子を作っていく
ポニーテールがうまくできたら、今度は実際にお団子を作っていきましょう。まずは、毛束をまとめて時計回りにねじっていきます。この時、うまくまとまっているかしっかりチェックしましょう。

まとまりが足りない場合にはワックスなどを追加します。そして、毛先が目立たないように内側に入れていきます。

うまくできたら、ヘアピンでとめていきます。大体3~4箇所程度だとバランスがよくなります。ヘアピンの量が多くないと崩れてしまう場合は、毛量にもよりますが正しくとめれていないことが多いです。

ヘアピンはしっかりとめるようにしましょう。後は鏡を見ながらバランスを調整すればお団子の完成です。

私は更にシュシュを使うことが多いです。特に髪の短い方の場合、うまくボリュームが出ないことがあります。そんな時、シュシュを使うと簡単にボリュームアップをさせることができます。ただし、形を崩さないようにお団子の大きさに合った物を使うようにして下さい。