前髪アレンジ方法

伸ばしかけの前髪に

ショートからミディアム、ミディアムからロングへと髪を伸ばしている途中、前髪が邪魔になってしまうということはよくあるのではないでしょうか?
そうでなくとも前髪が長くなってくるとやっぱり邪魔になってしまって、結局途中で元の長さに戻してしまった、ということも経験があるかとおもいます。
では、そんなことにならないように前髪をうまくアレンジする方法はないのでしょうか?ここでは伸ばしかけの前髪に使えるアレンジの方法を紹介していきたいと思います。

まず基本のアレンジ方法として、編みこんでしまうというものがあります。
前髪を後ろのメイン部分と編みこんでしまえば前に垂れて邪魔になることはありませんし、その上おしゃれで上品な雰囲気を作ることができるので一石二鳥です。
ある程度の長さがあればだれでもできるので、編みこみは初歩的な前髪アレンジとして覚えて置くと便利ですね。

次に、ボブの人におすすめの方法がねじって止めるヘアアレンジです。
といってもなかなかイメージが出来ないかと思いますので、その作り方について簡単に紹介していきます。

まず最初に前髪を斜めに分けてしまって、丸みを作るように意識しながらヘアピンで止めるようにします。
この際、ボリュームがある側に寄せるようにして作るのがポイントです。
というのも、この次にトップ側から毛を寄せていくので、ボリュームがない方で作るとアンバランスな仕上がりになってしまうためです。

次にトップの毛も同じく斜めになるように分け取っていきます。
これを先ほど先に分けとった前髪と合わせるようにしてねじって、毛先だけをヘアピンで留めれば感性です。
ボブだと前髪のアレンジがあまり出来ないと悩んでいる人も多いと思いますので、一度試してみるのはいかがでしょうか?

普通にボブにしているのもかわいいですが、すこしまとめることでより活発な印象になります。

バレッタを使って

前髪アランジとして、次はヘアピンではなくバレッタを使ったものを紹介していきます。
バレッタはヘアピンよりもしっかりと髪を止めることができるので、前髪を後ろで留めても安定させることができるのがポイントですね。
ミディアムぐらいの長さなら、前髪を分けて後ろ側に回し、バレッタで止めるだけでも一つのヘアアレンジとなります。

この時にねじりを加えたり、編みこみを加えるとより高度なヘアアレンジにしていくことができるので、より複雑なアレンジを試してみるのにも覚えておくと便利ですね。
ロングの人も編みこみと併用すると十分前髪のアレンジに使うことが出来ますので、汎用性の高いヘアアレンジ方法にすることが出来ます。

前髪が邪魔、というのもこうやって色々試してみると、意外に楽しく可愛く作ることが出来ます。