ロングヘア

ロングヘアが似合う女性の条件は?
ショートヘア、ロングヘアそれぞれが似合う女性の条件というのはとても難しいものです。どっちも似合う方もいますよね。私の場合は、今はロングにしていますが身長が低いので全体的にスタイルのバランスが悪く見えてしまいます。

そのため、ミディアム程度にカットすることを検討しています。しかし、逆に身長の小さい方がロングが似合うように感じる、という方もいますので難しい点ですよね。

そのためどちらが似合うというよりは、どちらがより欠点をカバーできるかで考えた方がベターなのだそうです。例えば、面長の方がショートにすると余計に顔が長く見えてしまいます。

それよりもロングを選んだ方が、バランスが良く見えるようになります。このように、自分の欠点をよりカバーできる髪の長さはどちらなのか、で考えると良いですね。

ロングヘアはアレンジ方法が豊富
私がロングにしたのは、ヘアアレンジの方法が豊富だというのも理由の1つです。例えば、シュシュで軽くまとめるだけでも良いんです。もちろん巻き髪やお団子など、できることがたくさんあります。更に、髪が長い方が案外失敗が少なくて済むのです。

巻き髪をするにしても、少しくらいの失敗ならすぐごまかすことができるというのもも魅力の1つだと思います。

アレンジをする際に欠かせないのがヘアクリームやワックスです。これを使わないと、ヘアアレンジの難易度がぐっと上がります。特にロングの場合はまとまる髪の量も多いです。

そのため、何度も失敗していると腕が疲れてしまいます。うまくヘアクリームなどを使うと楽になりますよ。

髪を巻いてヘアアレンジをカバー
ヘアアレンジが苦手な方におすすめしたいのが、あらかじめ若干髪を巻いておくことです。アレンジするのですから、うまくいかなくても問題はありません。

また、コテなどを使わないでホットカーラーなどで毛先を巻くだけでも大丈夫です。あらかじめ巻いておくことによって仕上がりがふんわりするので、失敗が目立ちにくくなります。また、アレンジもしやすくなります。

さらに、雰囲気を変えることができます。例えば、ストレートの髪をそのままサイドで結び、シュシュで仕上げます。この時、髪を巻いていると優しい雰囲気が出ます。

コームやワックスなどである程度ボリュームを出せば、小顔効果もあります。せっかく長い分巻きやすいのですから、うまく生かしてヘアアレンジを楽しんでみて下さいね。