正しいシャンプーの選び方

正しいシャンプーを使っていますか?
髪の悩みを抱えている方の多くがシャンプー選びに失敗しているそうです。私も恥ずかしいのですが、フケやかゆみ、抜け毛が増えてしまったことがあります。

髪の乾かし方が良くなかったのと、シャンプーにも問題があると美容師さんに指摘されました。それから正しいシャンプーを使うようになってすぐに、洗髪時の抜け毛までも減りました。

そもそも、市販のシャンプーの多くは正しいとは言えません。洗い流すことを重視しているため、逆に洗いすぎてしまうのです。

余計に刺激が強くなれば、それだけ頭皮を傷つけてしまう原因にもなります。そこで、余分な汚れだけを洗い流し、頭皮はしっかり守ってくれるような成分の物を選ぶ必要があります。

自分の髪のタイプを知る
まずは自分の髪が今どんな状況にあるのかを知りましょう。特に問題が無いという場合でも、正しいシャンプーを選んで下さい。すると、今後の髪トラブルの予防にもなります。

また、髪質が良くなればスタイリングもしやすくなります。若干ダメージを受けていると感じる場合は、実際にはかなりダメージが進行しているかもしれません。早く見直す必要があります。

髪の表面がパサパサになっていたり、ダメージが強いという場合はヘアアレンジも思うようにいかなくなる可能性もあります。ダメージが強いとパーマをかけてもうまくいかなかったり、カラーリングもうまく浸透しなくなってしまう危険性があります。

逆に頭皮に問題があるという方は、抜け毛など深刻な問題に発展してしまうことが多いです。

消去法で選ぶ
自分の髪のタイプがわかったら、それに合ったシャンプーを選びましょう。悩み別に合った物を選ぶだけでもかなり違います。しかし、忘れてはいけないのが成分です。どんなに自分の悩みに合った物でも、よろしくない成分が含まれていれば意味が無くなってしまうのです。

特に、近年のシャンプーの発展はすさまじく、効果的な成分が次々に登場しています。そのため、効果のある成分を選ぶよりも駄目な成分から消去法で選ぶ方が効率が良いのです。

例えば、ラウリル硫酸ナトリウムなど、ラウリルと硫酸が含まれている成分は避けるようにしましょう。これらは石油系の合成界面活性剤で、非常に洗浄力が強いのです。

大切な成分まで洗い流してしまうにもかかわらず、成分自体は頭皮に残りやすく非常に厄介です。同じ石油系の合成界面活性剤にはラウレス系も含まれます。この3つを覚えておくだけでも、シャンプー選びで失敗しにくくなるでしょう。