髪の乾かし方

正しく髪を乾かすことのメリットは?
意外と正しい髪の乾かし方を行っている方は少ないかと思います。私もその一人で、めんどうな時にはそのまま寝てしまうこともありました。しかし、濡れた髪というのは非常にデリケートです。

普段髪を守ってくれているキューティクルがとても繊細な状態になってしまい、外部からの刺激に弱い状態になってしまうのです。

そして、髪を濡らしたまま寝てしまうと他にも悪影響があります。例えば、頭皮の温度が下がってしまいます。それにより、血行が悪くなってしまうのです。髪の成長のためには栄養が欠かせない存在です。

しかし、血行が悪くなってしまうとその栄養がうまく行き渡らなくなってしまいます。また、雑菌を繁殖させる原因になってしまったりと、正しい髪の乾かし方を知らないと逆にデメリットばかりなのです。

ドライヤーを使う前の一手間が大切
髪を乾かすのに使うのがドライヤーです。そして、ドライヤーで乾かす前に一手間かけることによって、熱からしっかり髪を守ることができます。特に、濡れたまま髪を放置しておくのは危険です。キューティクルを守るためにも、まずは軽くタオルドライを行いましょう。

タオルドライをする際には、髪ではなく頭皮を拭くイメージで行いましょう。キューティクルが弱くなっている時にゴシゴシ拭いてしまうと、余計な傷みの原因になってしまうのです。

パイル生地で水を吸い取るものなど、より適したタオルが売っていますので、そういう物を選ぶのも良いですね。また、洗い流さないトリートメントやドライヤー前の専用スプレーなどでドライヤーの熱から髪を守ることができます。

正しい使い方でドライヤーを使用する
まず、ドライヤーは髪から離して使います。大体10cm程度離しておくと、髪を傷める心配が減ります。

さらに、ドライヤーは振るようにして使うのがポイントです。一箇所に熱を与えてしまうと、その部分が熱で傷んでしまうからです。美容師さん達の乾かし方を見ていると参考になりますね。

そして、逆に乾かし過ぎも逆効果です。大体8割程度乾いたら今度は冷風に切り替えましょう。最後に冷風を使うと、髪のうるおいを保つことができます。頭皮や髪の栄養分も逃げませんし、仕上げには必ず冷風を選びましょう。ちなみに、冷風の心地よい風によって交感神経を落ち着かせる効果もあるそうです。

このように、正しい方法で髪を乾かすと成長を妨げることがありません。間違った方法ではフケや抜け毛など、髪トラブルの原因になってしまうことが多いのです。