ヘアカラーをしよう

ヘアカラーを考えよう

髪というのはその人の全体の印象を決める重要な要素の一つです。
髪型も重要ですが、中でも一瞬で印象を決めてしまうのが髪の色ですね。
カラーリングをせずに生まれ持った髪色を活かす、というのもいいですが、それだとどうしても似合うヘアスタイルというのが限られてきてしまいます。

ヘアスタイルの方を優先して考えたいなら、やっぱりそれにあったカラーリングについても考えみるのが良いでしょう。
そこでここでは、ヘアカラーの種類ごとにどんな印象を与えるのか、ということを紹介していきたいと思います。

まずはアッシュ系ブラウンです。
アッシュというのは灰色のことで、明るめのブラウンカラーだとかんがえて頂けると良いでしょう。
ただ、どちらかというとカラーリングだと分かりやすい色ではなく、ナチュラルな雰囲気を与えることが出来ます。

そのため、アッシュ系ブラウンにするならヘアスタイルもナチュラルよりにするとよいでしょう。
ガーリッシュからフェミニンよりの髪型にすると最も印象が似合うカラーリングです。

次にレッド系のピンクブラウンです。
こちらはヘアカラーであることはすぐ分かる、人工的な色合いです。
色合い自体は派手なものなのですが、全体の印象としてはそこまで派手なものではなく、ヘアスタイルによって左右されやすいというのが特徴となっています。

ボーイッシュな髪型にするとそれを際立たせ、ガーリッシュにすると輪郭を分かりやすくして逆に柔らかい雰囲気を作ることができる、変幻自在のヘアカラーだと考えると良いでしょう。
ただ、このカラーを使う時には化粧の方も合わせて、ある程度造形が際立つようにしておかないと髪だけが目立ってしまう結果になるので注意が必要です。

他のカラーリングも

引き続きカラーリングごとの印象と効果をについて紹介していきましょう。
次に見ていくのはイエロー系のブラウンです。
こちらは使いこなすのが難しいカラーリングです。

というのも、あまり黄色味を強くし過ぎると、不自然なカラーリングになるどころか髪が傷んでいるように見えてしまうためです。
そのため、傷んでいるように見えないようなバランスを考えてカラーリングをしなければいけません。
このバランスが取れるとイエロー系のカラーは大人の雰囲気を印象づけることが出来ます。

最後に、ブルーブラック系についても見ていきましょう。
これはかすかにブルーが入っているブラックです。
普通の黒色よりも更に深い黒色なので、使いこなすのが難しいと言えるでしょう。

黒は全体の印象を重く見せてしまうので、ヘアアレンジが重要になります。
それか、重く見えても良い衣装などと合わせるのがいいですね。
髪を黒くすることで逆に肌は白く際立つので、うまく使うと透き通ったような印象が作れます。